Oliver Heldensの英語版Wikiにはこんなことが書かれてた

Oliver Heldens2

いつもブログをご覧いただきありがとうございます、DJ YAMAGUCHIです。

今回はFuture Houseの人気DJであるOliver Heldens(オリバーヘルデンス)についてです。僕は彼の大ファンで彼の曲をよく聴くのですが、彼の情報を集めるときに日本語版Wikipedia記事がなかったので、海外版を翻訳してみました。

別名義「HI-LO」のことや、何か面白いエピソードなどないかなーと思ったのですが、さて、どんなことが書かれているのでしょうか。

「Oliver Heldensのことをもっと知りたい!」という人は是非参考にしてみてください!

Oliver Heldens(オリバーヘルデンス)とは?

Oliver Heldens(オリバーヘルデンス)は、オランダ・ロッテルダム出身のDJ/プロデューサー。

2013年に発表した楽曲「Gecko」が世界的DJのTiësto(ティエスト)に注目される。そして、Becky Hillのボーカルを加えた同楽曲を、ティエストのレーベルMusical Freedomから2014年6月23日にリリースした。

また、ヘルデンスは自身のポッドキャストであるHeldeep Radioを2年以上に渡り主催している。

2015年、HI-LOという別名義でBass House楽曲のプロデュースを開始。HI-LOという名義はOliver Heldensの略「Oli H」の逆読みに由来する。同名義で「Crank It Up」「Renegade Mastah」「Wappy Flirt」の3曲をプロデュースし、後者の2曲を自身のレーベルHeldeep Recordsからリリースした。

 

キャリア


オリバーヘルデンスは、2013年にレーベルSpinnin’ Recordsと契約を交わし自身のプロキャリアをスタートした。同レーベルからの初リリースはソロ楽曲「Stinger」とDJ Jacob van Hageとの共作「Thumper」。その後、Robby Eastとの共作「Panther」を「Oxygen label」から2013年12月2日にリリースした。

シングル「Gecko」は同月にティエストのレーベルMusical Freedomからリリースされた。この曲は2014年1月31日、DMC Magazineバズチャートの1位となり、BBCのPete Tong氏によって「Essential New Tune」に選出された。

2014年1月、ヘルデンスはSoundCloudページでHeldeep Mixtapeを立ち上げ、ディープハウスやテックハウスなど様々なタイプのエレクトロミュージックを組み込んだDJミックスを作成した。最初のミックスには、Spinnin’ Recordsの同志であるMartin Garrixの「Animals」も収録された。

同年2月にはRobin Thickeの楽曲「Feel Good」のリミックスも手がけた。

ヘルデンスは同年のDJ Mag Top 100において、初エントリーで34位に選出された。

同年12月、BBC Radio 1のEssential Mixショーでパフォーマンスを行い、イギリスのラジオDJであるPete Tongから「今年躍進を果たしたプロデューサーの一人」と好評価を受けた。

2014年の音楽フェス「アムステルダムダンスイベント」で、彼の楽曲「Koala」が、音楽認識アプリ「シャザム」で2番目に多く検索された。

ヘルデンスは2015年のDJ Mag Top 100で12位に輝き、トップクラスのHouse DJとして評価された。

ヘルデンスは、EDC、Amnesia Ibiza、Tomorrowland、Creamfields、Electric Zoo、Veld Music Festival、Stereosonicなど、多くの世界的音楽イベントに出演を果たしている。

Tomorrowlandで、Billboardによるインタビューで、彼は自分のスタイルをDeep Houseと表現したが、メインストリームの音楽に影響されているとも語った。

2016年にはイングランドの音楽フェス Glastonbury への出演を果たした。そして、Robin Schulzと共にスペインイビザ島のクラブUshuaïa(ウシュアイア)へのレギュラー出演も果たした。

2015年12月17日、BBC Radio 1はヘルデンスが2016年1月22日からレジデント
番組を放送する予定であることを発表した。その後Heldensは毎月第3木曜日に1時間の番組を担当した。

 

2015年から現在まで
HI-LO とHeldeep Records

2015年7月の終わりに、HI-LOの「Renegade Mastah」が自身のレーベル「Heldeep Records」の第一弾楽曲としてリリースされた。これを機会にHI-LOがOliver Heldensの別名義だということが明らかになった。

その後、HI-LOのトラック「Crank It Up」「Wappy Flirt」「Ooh La La」がリリースされ、10月にはChocolate PumaとTommie Sunshineのシングル「Scrub the Ground」がリリースされた。

「Heldeep Talent EP」として、I Can’t Stop – Death Ray Shake、 Hookah – Bojac、Slip Away – Niko The Kid 、Fall Under Skies – Jonas Aden & Robby Eastなどを含む新たなEPが2015年11月23日にリリースされた。そして、2016年3月21日に「Heldeep Talent EP Part 2」をリリース。Get Busy – Steff Da Campo、 Lethal – NOVKA 、 Mirrors feat. Stevyn – Tom Budinなどがフューチャーされた。

2016年1月7日には、Oliver HeldensとThrottleのコラボ「Waiting」
を同レーベルからリリース。そして、Belt&WezolとShermanologyのトラック「Hide&Seek」と、Bougenvilla&Out Of Cookiesのトラック「Break It Down」を2016年4月25日にリリース。

2016年5月2日には、Oliver HeldensとChocolate Pumaのコラボ「Space Sheep」もリリースされた。

 

参照

http://en.wikipedia.org/wiki/Oliver_Heldens