世界が注目するアジアンフィメールDJ「Peggy Gou」の紹介

Peggy Gouとは

Peggy Gouペギー・グーは韓国出身でテクノやハウスを専門とするプロデューサー/DJです。ファッションがカラフルでオシャレだなーと思ってずっと気になっていたのでバックボーンなど調べてみました。

DJもなんか華やかでカリスマ性を感じます。2020年の年始にContact Tokyoで公演していたのですが行けなかったので、今度チャンスがあったらぜひ生で見てみたいなと思っています。

Peggy Gouペギー・グー)のことが気になる方はぜひチェックしてみてください!

略歴

韓国で生まれ育った彼女は、元々ファッション分野で成功するために14歳という若さで母国を離れロンドンに留学をしていました。

当初はスタイリストを目指していましたが、クラブでの仕事をきっかけに徐々に音楽への興味が強くなり、数年間のロンドン生活を経て、数多の世界的DJが排出され続けDJたちの拠点となっているドイツのベルリンに移住しました。そこから本格的なDJ活動を開始します。

ベルリンではDJとしての経験を数多く積み上げ、2016年にその努力が認められデビューEPSeptember War」を発表。世界的に有名なテクノDJ/プロデューサーRadio Slaveが主宰しているRekidsというレーベルからのリリースでした。

彼女はUK/ベルリンのサウンドを渡り歩くことで、ダークで力強いハウスやテクノ、ブレイクビーツなどを巧みにミックスする実力を培い、アンダーグラウンドシーンにおいて頭角を現しました。

2019年にはベルリンのレコードレーベル「!K7」によるミックスシリーズ「DJ-Kicks」を担当。多彩なBPMやジャンルに彩られた、他とはひと味違う唯一無二な選曲が楽しめる仕上がりになっています。

デビューしてからの彼女の躍進は目覚しいものがあり、世界中の様々な音楽フェスティバルやクラブイベントへの出演を果たしています。その華奢な外見からは想像ができないくらいのダイナミックなプレーで観客を魅了し、今ではNina KravizCharlotte de Witteなどにも肩を並べる世界的なフィメールDJとして活躍しています。

ファッションについて

そして、その魅力的なルックスから音楽、DJ界だけに留まることなく、モデルやスタイリストとしても活躍の場を広げており、もともと目指していたファッション分野でも成功を収めています。

その特性は自身のDJとしての舞台でも発揮しており、DJプレイを披露する際のカラフルでおしゃれなファッションはクラブカルチャー好きの若い女性たちからも注目の的となり指示を得ています。

インスタもとてもオシャレな投稿が多いですねー。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Peggy Gou 페기 구(@peggygou_)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Peggy Gou 페기 구(@peggygou_)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Peggy Gou 페기 구(@peggygou_)がシェアした投稿

また、最近は自身のオリジナルファッションブランド「Kirin By Peggy Gou」を立ち上げたようです。Peggy Gouっぽい柄シャツなどが揃ってます!

おすすめ動画

最後にPeggy Gouのおすすめ楽曲やDJプレイ動画などを紹介!

◆Peggy Gou – Starry Night

2019年リリースのシングル。個人的にPeggy Gouの楽曲と言ったらこのイメージ強いです。

韓国で撮影されたMVは映像作家/フォトグラファーのJonas Lindstroemが監督。

◆Peggy Gou Boiler Room x Dekmantel Festival DJ Set

こちらは2017年Boiler RoomのDJセット。テクニックはもちろんなのですが、華もあってカリスマな感じですよね。他にもたくさんDJセットはYouTubeにもあがってますよ!ぜひチェックしてみてください。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

人気の高いフィメールDJは何人かいますが、その中でもPeggy Gouは個性があって特に魅力的だなと思います。最近はコロナでなかなか世界的なアーティストの来日が難しいですが、今度日本に来ることがあったらぜひ見に行ってみたいなと思ってます!